魔王の始め方Ⅰ

表記としてはダンジョン運営×魔王モノとなっている。ダンジョン運営自体は恐らく、Wizardry: The Return of Werdna – The Scenario Fourあたりからだろう表に出てきたのは。著名作だと、Dungeon Keeperあたりだろうか。基本的にはダンジョン運営ものの厄介なところは目標設定である。基本的には本作の場合はダンジョンから世界征服へと至るのであるが、それが序盤で整理されているかといえばそうでもないのかなとも思う。この辺は不明確ではあるが最終的に世界征服へと至ったのは良いかなと思う。そうでなければ、途中でうさん霧消していたと思う。少なくとも、完結へは至らなかったであろう。この辺は魔王ものを絡めたのがよかったのではないかと考える。

文章力はやや、弱いなとは思う。極端な凡ミスは少なく、この辺は校正を含めて商業出版に乗せる最低限の品質は担保されている。ただ、もうひとひねりは出来たかもとは思う。この辺は魔王であるオウルの目的意識の希薄さにやや出ているかなと思う。世界征服を志向するのは良いが、世界征服がどこから出てくるか見えないのである、人間を信用しないというオウルのキャラクターは早めに構築されるのであるが世界征服に至る部分はやはり希薄。その意味ではなんとなく進行した感が拭えない。

魔法少女育成計画

タイトル 魔法少女育成計画
ISBN 978-4800227669
出版社 宝島社
著者 遠藤浅蜊
イラスト マルイノ

恐らく、胸糞悪さに関してはたぶん、トップクラス。魔法少女まどか☆マギカ以来急速に数をましたハードな魔法少女もの。基本的には魔法少女もののフォーマットを借りながらも大抵は悲惨なドラマが待っている。これは、その魔法少女育成計画の第1巻の特別編集版。

基本的には先行した文庫版と同一内容だが、エピソードが一部追加されている。書下ろしのミニポスターなど判型の拡大に合わせてコンテンツが追加されたバージョンということができる。恐らく、最初の魔法少女育成計画についてはこれ以上の修正は考えにくい。

基本的にはハードな魔法少女もののそれなので山のように犠牲者の出る作品である。しかも、裏切り、自殺、などまさしく胸糞悪い作品である。しかし、当然ながら、後続の作品を入れてもかなり良い作品であると思う。ただし、根本的にはバトルロワイヤルである。

覇剣の皇姫アルティーナⅡ

1巻目を読んだとき、私が意識したのは銀河英雄伝説であった。そして、2巻目を読んでその思いは確信に変わった。この作品は銀河英雄伝説を間違いなく意識していると。この話は基本的に言えば銀河英雄伝説の1巻のハイライトの一つイゼルローン要塞攻略作戦と同一でやはり難攻不落とされた要塞の攻略が基本プロット。勿論、多数のビーム砲と駐留艦隊に防御された宇宙要塞と中世ファンタジーが基本の本作では攻略作戦は異なるが本作の要塞の難攻不落も地形による大軍の運用の困難と火砲の集中運用に基づく火力の集中という二つの要素の結果という点は同じである。そして、その脆弱性が人による運用というのも基本的には同一。
ただ、この辺に関していえば難攻不落の要塞を難攻不落に足らしめるのは天然の要害により攻め手の手の掣肘にあることを考えればある程度は真理に近くこれ以外の話を作るのは困難だと言える。また、このエピソードが2巻という序盤に近いところにあるのもある種真理で策源地を用意しなければ話を進めることができないという根本的な事情によるものと考えられる。
故にここまではある程度、方程式の解は同じになると言える。むしろ差が出てくるのはここからであろう。というのも改革されつつある帝国と腐敗した民主共和制国家の攻防という銀河英雄伝説の基本プロットと帝位の簒奪と帝国の改革と思われる本作の立場は本質的に異なり、軍師と理想を抱く皇姫アルティーナの物語というテーマは根本的に違うところに行き着くと考えられるからである。
そういう意味では、私はこのシリーズが最終的にどこにたどり着くかに強い関心があると言える。

覇剣の皇姫アルティーナII (ファミ通文庫) 覇剣の皇姫アルティーナII (ファミ通文庫)
むらさきゆきや himesuz

エンターブレイン 2013-02-28
売り上げランキング : 776

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ソードアート・オンライン 11 アリシゼーション・ターニング

プロジェクト アリシゼーションを追う、アリシゼーション編も3巻目、やっと本筋が出てきたともいえる。なぜ、アリシゼーションなのかという理由もやっと明らかになります。英語で書けばAlicization アリス化ということになります。

このアリシゼーション編はどう考えても、アクセル・ワールドとの関連が深いというか、この話を前提にしないとアクセル・ワールドは成り立たないところがあります。セブン・アークスの中の一つ最後の神器たるザ・フラクチュエーティング・ライトなんてそのまんまだと思いますし。

この話の根幹は以下のところに集約されると思います。

  • 人間の意識はどこにあるか
  • 人間に内在する悪意
  • トップダウンAIとボトムアップAI

この作者の弱点はラブロマンスを含む心理描写の弱さであるが、同時に可読性の高い文章という強力な武器も持っている。アリシゼーション編はともすると難解になりかねない哲学的なテーマを多数含んでおり、そのまま書けばただの難解なものになりかねない。それを、この著者の武器である可読性の高い文章によって、少年期の素朴な正義感と合わせることで読めるものに仕立てている。

私はこのような難しいテーマを選んだこと自体にも意味がある。これは本編の7巻においても、終末医療という極めて重いテーマを選んだことも言える。是非、今の関心を維持しつつ作品につなげたほしいと思う。

ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫) ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)
川原礫 abecアスキー・メディアワークス 2012-12-08
売り上げランキング : 20

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

ソードアート・オンライン7 マザーズ・ロザリオ

タイトル ソードアート・オンライン〈7〉マザーズ・ロザリオ
ISBN 978-4048704311
出版社 アスキーメディアワークス
著者 川原礫
イラスト abec

ソードアートオンラインもいよいよ第7巻です。たしか、この話はWeb版では外伝シリーズに収録だったかと思います。主人公はファントムバレット篇ではサブに回っていたアスナですしね。キリトは今回はサブですが、それでも要所要所で魅せますね。久々にソードスキルが炸裂しましたし。ソードアート・オンラインらしい話ではなかったかと。

今回はまあ、あまり細かく書くと興を削ぐので詳細については触れませんが絶剣がやっぱりキーですね。表題ともなったマザーズ・ロザリオを始め各種ソードスキルを魅せる話でもありますが。それでも絶剣ことユウキの背負ったものがなんとも重いです。というか、この重さこそがソードアート・オンラインというかこの作者の作の持ち味だと思いますが。

今回もキリト君は無理・無茶・無道です。この無道さこそがですけれども、ある種アクセル・ワールドのハルユキにも通じますけどね。どちらも、ゲームが得意なコアゲーマーですしね。卓越した反応速度もそうだし。

ただ、今回の話は何となく同作者のアクセル・ワールドへのリンクにも見えなくはないです。アクセル・ワールドでもレクトの社名が登場しましたし、今のところ同一の世界と考えない材料はないと思います。今回のネタのメディキュボイドもアクセル・ワールドでのニューロリンカーにつながるように思いますし。まあ、ニューロリンカーにつなぐにはもう2,3段の技術的ブレイクスルーが必要だとは思いますが。

メディキュボイドの基本技術はやっぱり、ヒースクリフがらみでしたか。

ソードアート・オンライン〈7〉マザーズ・ロザリオ (電撃文庫) ソードアート・オンライン〈7〉マザーズ・ロザリオ (電撃文庫)
川原 礫 abec

アスキーメディアワークス 2011-04-08
売り上げランキング : 132

Amazonで詳しく見る by G-Tools

棺姫のチャイカⅠ

キャラクターの配置はほぼスクラップド・プリンセスのそれなんですが、かなり今風にシェイプされていますね。まあ、ヒロインのチャイカに戦闘能力があるのがスクラップド・プリンセスとは違うところですが世界中から追われているのはスクラップド・プリンセスと同じ状況ですね。

作品のカラーとしては、ザ・ジャグルよりも後に書かれた作品のせいか、平和というところに関してはさらに一歩踏み込んでいると思います。チャイカは父王をきちんと葬ってあげたいだけなのにチャイカを追う者たちは彼女の存在自体に怯え結果的に平和を破壊する形になってしまっています。この辺はスクラップド・プリンセス以上に明瞭なメッセージになっているかもしれないと思います。

確かにスクラップド・プリンセスとかぶるところもあるにはあるのですが、それぞれのキャラクターの抱える事情は別物ですし。それ故、全く異なるキャラクターではあるわけです。ただ、ここの所比較的まっとうなファンタジーはあまり多くなく、どっちかというと学園ものとかと絡めたつくりが多かったのでかなり楽しませてもらいました。

もうすぐ2巻が出てくるとのことなので楽しみにリリースを待つことといたします。

棺姫のチャイカII 棺姫のチャイカII
榊 一郎

富士見書房 2011-05-20
売り上げランキング : 49772

Amazonで詳しく見る by G-Tools

SCAR/EDGE

レンタルマギカやイスカリオテで知られている三田誠氏の作品。既刊4冊で完結しています。まあ、知らないわけではなかったけど面白そうなので読んでみました。まあ、ダブルクロスとかが楽しく読める人にはお勧めでしょう、というかダブルクロス方向のリンクからたどってしまったというのが正解なのですが。

サブタイトルは

  1. 烙印よ、刃に囁け。
  2. 烙印よ、虚ろを満たせ。
  3. 烙印よ、想いを蝕め。
  4. 烙印よ、絆を宿せ。

となっています。

基本的には1、2巻がヒロイン 緋原・ちひろ・ランカスターが主人公 土岐キズナを追う展開で、、3、4巻がその逆に主人公がヒロインを追う展開になっています。また、1、3巻が日常空間、2、4巻が非日常であるオケアーノスと綺麗に構成されています。

長すぎず、短すぎずでかなりいい作品だと思います。基本的には能力バトルですが、ダブルクロスのように影に痛みが見える能力です。そういう意味では最近の作品ではアクセル・ワールドとかにも通じるラインではないかと思います。ある意味、まどか☆マギカにも通じるかな。

主人公の能力 ダウンロードはある意味痛みそのものだともいえますし。そして、最終巻のタイトルが語るように絆でもある。そういう思いが込められた主人公の名前だとも思います。まず、読んでみてからという作品だと思います。

烙印よ、刃に囁け。 ―SCAR/EDGE (富士見ファンタジア文庫) 烙印よ、刃に囁け。 ―SCAR/EDGE (富士見ファンタジア文庫)
三田 誠 植田 亮

富士見書房 2004-11-18
売り上げランキング : 245815

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アクセル・ワールド 7 -災禍の鎧-

アクセル・ワールドの第7巻、熱いです。アクセル・ワールドは基本原理の性格上、まどか☆マギカと近いカラーもなくはないんですが。デュエルアバターの力の源泉が個人の抱えている心理的な外傷に依拠している以上。ただ、根本的な作品の方向性がハルユキの内なる強さに立脚しているので熱いです。

今回の話は、災禍の物語の真相と、タクムの抱えた心の闇、この辺が基軸ですが。次巻への引きになっちゃってますね。まあ、とりあえずの区切りもまた次巻ですし、続きが待ち遠しいですね。まあ、直近ではソードアート・オンラインの外伝である絶剣篇が次の発売なのでアクセル・ワールドの次巻は少しかかりそうですね。

アクセル・ワールド〈7〉災禍の鎧 (電撃文庫) アクセル・ワールド〈7〉災禍の鎧 (電撃文庫)
川原 礫 HIMA

アスキー・メディアワークス 2011-02-10
売り上げランキング : 1162

Amazonで詳しく見る by G-Tools

神曲奏界ポリフォニカ アドヴェント・ブラック

これを読んだとき、まさか大迫純一氏の作品を読めるのがこれが最後になるとは思いもよらなかった。ブラックシリーズに一区切りつく巻とはいえ。まさか、という思いは今でも持っている。ラグがなぜマナガになったのか、なぜマティアの傷は一瞬で治ったのかシリーズを通して綴られてきた伏線にけりがついたのが救いなのか、とてもそうは思えないが。

でも、このシリーズを読んできて本当に良かったと思える作品だと思う。adventは出現、到来の意、マティアとマナガの過去が判る回答編であり、恐らくは彼らの次に繫がる作品だったのだろう。そういう意味で、次を見ることができなくなったのはとても悲しい。もっとも、開かれたエンディングゆえ思いを馳せることはできるが。

このシリーズとコップクラフトが存在したことが、ライトノベルというジャンルの一種の可能性を示していると思うが、同時に現時点での限界もまた示していると思う。本当に悲しい。

神曲奏界ポリフォニカ アドヴェント・ブラック (GA文庫) 神曲奏界ポリフォニカ アドヴェント・ブラック (GA文庫)
大迫 純一 BUNBUN

ソフトバンククリエイティブ 2009-11-15
売り上げランキング : 205226

Amazonで詳しく見る by G-Tools

風の聖痕 Ignition 6 ヒミツのカンケイ

これも、少し古いものだけど書かねばなるまい。わかっている人間なら言うまでもなく”最後の聖痕”です。亡くなられた山門敬弘氏の残した最期の著作。内容は

  • ヒミツのカンケイ
  • 甘いお誘い
  • 綾乃さんのお宅訪問
  • 柊太一郎のそれでも割と幸せな一日
  • 炎の喚び声

これに遺稿となった長編第7巻の書き出し分です。

作品としては完結していないし、わからないところはいっぱいある。トリニティブラッドみたいに未完の部分も含めたプロットができていたというわけではないわけだし。ただ、作品の主要部分である、過去をどう区切りをつけるかというのは作品で描かれている部分を見る限り明らかだとは思う。

たぶん、過去に囚われるそんなラストにはならないと思うから。ただ、それでもラビスの結末がどうなるかは見たかったとは思う。文車妖姫(妖魔夜行)の本屋に行きたいと切に思った。

風の聖痕 Ignition 6  ヒミツのカンケイ (富士見ファンタジア文庫) 風の聖痕 Ignition 6 ヒミツのカンケイ (富士見ファンタジア文庫)
山門 敬弘 納都 花丸

富士見書房 2010-03-20
売り上げランキング : 20072

Amazonで詳しく見る by G-Tools